Img20091207001212
休日

今日はいつもと反対方向の
三鷹台駅をめざす

てくてく、20分くらい歩く

途中、古い木造校舎を塀越しに眺めたり
ショーウィンドウを覗いたり
寄り道をしながら京王線に乗る

井の頭公園は
燃えるような赤の絨毯に埋め尽くされていて

身体が熱くなるのを感じた

そう、
そこから
名前を呼んでください



Img20091206235234
無理矢理なシフトを組み
連日連夜
ライブばかり観ている

昨日は下北沢QUEでストライカーズ !
(心は冷静、身体は踊る)

帰りに寄った
CITY COUNTRY CITY のクリスマス飾りのふくろうが
キュートでした


ただ単純で穏やかな 生活を欲している
それだけなのに
自分で仕掛けた罠に、自分で絡まって

絡まった蔦を解くのは
至極難解

私の身体ごと、朽ち果ててしまえばいい


外は雨
部屋の中で洗濯物に囲まれて
紅茶を飲む
甘い頭痛を引きずって

パジャマのまま、はなうた歌ってばかりいる



Img20091214013320
休日
たっぷり眠ったはずなのに
電車の中でも、うとうと
渋谷から乗り込む東急東横線

久しぶり、横浜に降りたつ

いつかは
毎週のように遊びに来ていたこともあったのに
まるで遠い昔みたい

中国茶のお店や
お気に入りの肉まんや
芝生を転がった大桟橋も
買い物ばかりしていたみなとみらいも
それらは変わらずそこにあって

けれども前とは違う風景に見えた

山下公園から海沿いを歩いていると
高架橋に線路跡を見つけた
下には転車台(車両よりも小さいサイズのよう)
今まで、気付かなかった

歩くのは楽しい
寄り道したり、立ち止まったりしながら
冷たい風が頬に触れて、背筋が伸びる

冬が来るのね
Img20091214005209
クリスマスラッピングが相次ぐ

レールセットのような大きいものが多い
大きな包装紙を裁く

昔読んだ絵本で
サンタクロースの工場を描いた絵本があって

たくさんの小さなサンタクロースたちが
プレゼントの用意を夜なべでしている


いうような内容

(だったと思う)

私はその、小さなサンタクロースの一人

サンタクロースのお手伝いが出来るのは
とても光栄です






夢をみた

こちらのボーダーシャツを着た日は
このロケットに乗り
あちらのボーダーシャツを着た日は
あのロケットに乗る

そのように初めから決まっていた

ボーダーへ着替える前に目が覚めて
夢であることに安堵する
私は地球にいたいのだ
Img20091221012826
帰りがけ
真っ赤な林檎を買った
煮ても、そのまま食べてもいい

果物と野菜をたくさんたくさん摂取しよう

夕飯は
脂の乗った鮭を焼いた
生姜と唐辛子の入った、胡瓜の漬物も作った
ひじきと大豆の煮物も

ご飯は麦を混ぜて炊いた(とても美味しいのだ)


丁寧に生きたい、といつも思っていた

きちんと季節の中にいて、時間を感じ、
自分の手で温かな食事を作り
読むべき本も山ほどある


そうやって歳を重ねたい
甘く
曖昧で
だらしのない

小さな祈り
Img1b20100102214006
どうやら手袋を失くしたらしい

美しいほど晴れている
冷たい空気がさらさら頬に触れ
背筋が伸びる
腕を大きく振って、歩く

たったひとつの夜だ
夜から朝までのほんのわずかな時間を
越えるだけ

たったそれだけのことに
恐怖し
何かに頼ろうとする

なんて弱い心なの


新製品ラッシュと
クリスマス包装と
福袋の準備と


てんてこまい

チョコレート消費量は増加の一途


メリークリスマス