濡れたコンクリートは
小さな花びらたちが道を成す

落ち葉や
流れの速い雲も
今夜を覆いつくして

強い風が吹いている

アパートの雨戸は
一晩中がたがたと音がするだろう
きっと、なかなか寝付けない

押し潰されそう
スープはとうに冷めてしまったし


紺に会えば、治る気がしている
Img20091010195155
歳を重ね
それが地層のように重なってゆくとき

何か伏し目があるごとに
金木犀の匂いはいつもそこにあって


話をしている私たちはどこか
別の世界へ向かっているような錯覚を覚えた


それはどんなときで
どんな人といたの、

私は聞くことが出来なかった

このひとが今、悲しくありませんように
と願った


金木犀の匂いは
どこへ行っても私を惑わす

目眩がしている


ねえ
このまま私を消し去って





Img20091010221118
10月14日は鉄道の日

というわけで今日は
日比谷公園で開催された「鉄道フェスティバル」へ
赴く

JRや私鉄がそれぞれ物販を行い
駅弁も販売されていた

一番興味をそそられたのが、たまでん!
和歌山電鉄のたま駅長(ねこ)である
たまでんのBトレが売っているではないか!!

しかし
物販ブース、激混みなのである
限定の鉄コレなどが販売されていたそう
阪急や京阪など、関西私鉄が行列を成していた

たまでん、は諦め
記念に貨物キティ(これも限定)を購入


東京駅の構内を散策し
丸の内のブティック街を抜けてゆく
ブランドの看板を、ひとつずつ読みあげる

私を追い越してゆくように
ビルの隙間を風が吹きぬけていった

写真は
うわさの貨物列車キティ
(ピンボケなのはお気になさらぬよう)
Img20091015233415

真夜中というより早朝

羽根を休めた蝶が
私の手の中からするりと逃げて行った
ひらり
潔く

それを
捕まえることもせず
追いかけることもできず

私は置いてけぼり


夜に埋めつくされた部屋でひとり
嘘みたいに柔らかで温かな羽根を想う

まだ夢の中にいるのかもしれない




いつか終わりが来るならば

(それが、例えば人生の中で少し早い時期であったとしても)

今この瞬間に
たくさんたくさん欲しいのです
もっと感じたい
あなたの頭から爪先まで、丸ごとすべて
私の身体が壊れてもいい、とさえ思う
Img1c20091020023635

名前を呼びたくて仕方がないのに







Img20091020030217
流星群を見られるらしい
と聞いたが
星たちがどこにいるのか分からなかった

この身体も、この心も、手に負えない

切ないのと苦しいのと痛みがごちゃごちゃと混ざり合って
夜を覆い尽くしてゆく
本を読めばいいのに、机の上に置いたまま
アマレットの匂いが残っている


この世界にはまだまだたくさんの、読むべき本がある
そんなことで心を
必死に支えているのです

こうやって私は、年老いてゆくのだろうか

置いてけぼりにされて
一人で身体を切り刻んで
呼吸をするにも痛みを伴ったまま
無様な祈りも叶わない

明日は、朝から母の病院へ付き添わなければいけない
Img2a20091020030217
Img2b20091020030217
Img20091021000927
ちゃんとした人に
ちゃんとした話を聞きに行くので
ちゃんとした格好をした

(これはとても重要なことだと思う)

どこかの家では、庭の植木を刈っているらしい
青々とした匂いがかすむ


待ち合わせた母は
自分の体調が気になり、夜も眠れないのだと言った
(その検査のために、今日は病院へ来たのだ)

父は、深いボルドー色のシャツを着ていた
(これは母好みの色だ)
きっとママは一人で泣いてたと思う、そう私に耳打ちをした

検査結果は来月になるという
近くのホテルで食事をとり、二人と別れた


病院は独特の匂いがした
窓から日差しが降り注ぎ、植物に囲まれた小さなテラスもある

毛髪がなく、バンダナをした女性を幾人か見掛けた



Img2a20091021000927

夕飯は
オーケストラ、という名のカフェでカレーを食べる

サグ、と呼ばれるほうれん草のカレーも好きだけれど
今日はキーマカレー
赤玉葱のスライスものっている

辛さで舌が痺れた
痛みはすぐに過ぎ去って、再びスプーンを運ぶ
ひいひい、ふうふう

店内は
はっぴいえんどが流れていた

私とことりの心は、一瞬で連れ去られた

Img20091027002753
うちのお店の、トレッサ横浜店にて
ジオラマ教室を開催してきました

中庭、です
横にはタリーズやTAMIYA SHOP も見えます

大画面で鉄道DVDを流しながら開催しましたので
お客さまの目にはだいぶ留まったよう
チラシを貰ってくれたり
子供に声をかけられたりした
(これ何?とか、またやる?とか)



Img2a20091027002753
肌寒かった
それでも私の心は
ちゃんと背筋を伸ばしていられた
風にも倒れないでいられると思った

みんながいるだけで心強く、
温かだ



Img20091027004207
胃痛がし、酷い吐き気がした
目眩が追ってついてくる
家まで辿り着けるのだろうか

風邪でも引いたのかもしれない
痛み止めを飲み込む

(なんの痛み?)

帰宅して、トマトスープを作った
食欲はないが、栄養を摂取する必要がある
それも、ビタミンを多めに


誰かに会いたくて
会ったら泣いちゃう気がした



immi / コズミックピンク