Img20090407003616
浅草へ
ライブを見に行ってきました

面白いバンドが幾つか出ており
私が見たかったひとは
着物柄のきれいな衣装を纏い、ギターを弾いていました


帰り道
浅草から人形町の辺りまで延々歩く

日曜の夜の真ん中
車も人も僅か
静かな静かな東京の街

深く夜を吸い込んで、地下鉄のホームへ下りる
(都営新宿線は好き)

ヘッドフォンのヴォリュームを上げる
(私を離さないで)


身体はヘトヘトだけど
心はまだ欲している
こんなんじゃ足りない足りないの
もっと、もっと

天辺へ向かうアンテナは、ときどきコントロールが効かない

Img2a20090407003616



近頃の紺は
お腹を壊しているそうです

心配



Img3a20090407003616
Img3b20090407003616
Img20090407001116
霞を喰うて生きとります

その所為でしょうか
言葉の森に迷いこみ
自分の気持ちまで見えなくなります


どうしてこんなに心が乱れているのか
まるで胸を叩かれているよう
夜が終わり
夢から覚めたはずなのに

どう話していいのか分からないので
いつも黙ってしまいます
言葉を、交わしたいのに



男坂を上り
神田明神を抜けて
坂の途中の公園を下る

湯島天神のふもとまで、夕方の散歩

目の前が櫻色に蔽い尽くされる
小鳥が枝を渡るたび
ひとつ、ふたつの花びらが降る

人が歩き、車が通るたびに
花びらが舞う


お花見がしたい
誰か一緒に踊りませんか
真昼でも、真夜中でも

櫻の花びら、捕まえにゆきましょう



Img2a20090407001116
Img20090407234959
家で
甥(推定2歳)に弄ばれる

走り回ったり
ボールをぶつけたり
ぶどう味のガム(小さくて丸いやつ)を食べたり
カエルの置物を割ったり(おばあちゃん、ごめんなさい)

おかげでクタクタ
ギャングが出掛けた隙に
昼寝


夜は、キャスパー(駅前にある喫茶店)に寄り道

マスターは、音楽と鉄道と自転車が好きで
私が行くと鉄道DVDを流してくれる

今日はイギリス編を観ながら
マスターのギターをお披露目


ミリメーターズ ミュージックで買ったばかりの
アイスブルーメタリックのストラト
ES‐335を売り、これを買ったらしい

きみのストラトも持ってきなよ
教えてあげよう
ま、お客さん(喫茶店の)いるけどいいよね!

(マスター、仕事はいいの?)


色々な人にお土産を貰って、帰路

鉄道模型を好きな人って
音楽や楽器を好きな人が多いなあ
(うちのお店のスタッフたち、良い例だと思う)

そんなことを、考えていました

Img2a20090407234959
渋谷タワレコで
ザ・ガールハントの新アルバムが!
(もちろん買ったぜ!)

の下に、the coopeez が!!
(みんなもっと聴いてくれ!!)

興奮により、人目も憚らず写メる



Img20090410004110
むかし、友人がデジカメで撮った動画を
久しぶりに観た

ごくごく短いもの

お好み焼屋へ行ったときのや
カレーを食べに行ったときの
口琴の音を延々(1分半)撮ったもの
など


ボブの私
(他には何も変わらない)

隣には髪の長い友人
(彼女は今でも髪が長い)

撮影をしている友人の声がはっきり聞こえる
(彼の姿は一度も映ってない)


ときどき電話を掛けてみるものの
もう出てはくれない
頑固なのは変わらないらしい

やっぱりあなたとは、友達になれなかった
ごめん




誰かが誰かを失う
なんて、出来るのだろうか



Img20090420004631
叔父と祖父の命日が近いため
法事
(という名のついたお墓参り)

塔婆も新調す

母方の叔父は十五で亡くなっており
私は会ったことすらないが
(いつも写真は同じ顔)

斎藤家(というより主に母)は月に数回お墓参りをする
もちろんきれいな格好では行かない
(濡れてもいい格好、が私たちの決まりごと)

ときどき紺も一緒にゆく


あちらから、こちらから、紺に引っ張られ
霊園の中を全速力で走った

桜の花びらの絨毯や
銀杏の並木道も
つつじの枝の間
道でない道も


私と弟は
きちんとお墓を守ることも、生活の一部だと考えている

私たちが仏教を愛するのは祖父の影響で
(弟は大学で専攻していたくらいだ)
それは元々、叔父を供養するためのもので


こうやって私たちは、今でもずっと繋がっているらしい

Img2a20090420004631
Img20090420001152
ボヤキーズ集う
ひとりごとを叫ぶ会

ゲームの話とか
仮面ライダー
手羽先によるコラーゲン摂取(重要)
など

集まった本当の目的は
物語を書いて欲しい、というお話を頂いたこと


書くことは得手しても
物語を紡ぐ、なんて

地球で生きることさえ困難な私が
月で生活することについて
語るなんて(!)


素晴らしい機会

生きることを選んだ私は
酸素もない、静かで無限な暗闇に
青く美しい地球を見て
いったい何を思うんだろうか

薄っぺらいこの胸なんかで



天気が良いので 、ベランダのベンチで過ごした
(光合成は、ときどき必要だと思う)
干した布団を眺めながら
ヘッドフォンをする

隣には、チョコレートと紅茶


数日ほど実家に帰ろうかと
昨夜から身支度を少々

あとは鞄に詰めれば終わりなのだけれど
こうして私は
まだここにいる

帰りたい訳ではなく
かと言って、ここにいるのも辛く
行く宛てもない
これじゃまるで迷子だ


夕方から町田の友人の家へ
行く前にラーメンを食べて
帰りがけにラーメンを食べた
麺類ラヴ

(帰宅後はそのままベッドへダイブ)

そういえば
お話の、締め切りが早まりました
誰かプリーズ、ナイスアイデア!



Img2a20090420011250


フライシュマンとBUSCH の取り扱い
はじめました

フライシュマンは可愛い車両が多いのだけれど
とてもとても高価
(やっと入力が終わったので、もうすぐお店のHPに載るだろう)

BUSCH なら買えそうな価格帯
ミステリーサークルやUFOセットもある
ひまわりや、南瓜もある・・・


「南瓜とマヨネーズ」がお好きなかた(私、そしてそこの貴方)、
発送も承ります

Img3a20090420011250
並べきれません
Img3b20090420011250
バラ園をどうぞ
雨を眺めていた
髪を伸ばしていて良かった
泣き顔を見せずに済む

涙で目の前が歪んでいるのか
窓硝子が曇っているのか

どちらでもいい


一日中、だらだらと泣いて過ごした

赤く腫れた瞼は
すいぶんと熱を帯びている

後悔していない、とただ言って欲しい



こんな私の声に
耳を澄ましてくれる人がまだいるとしたら

それだけで生きていられる気がします

今夜も眠ろう
るるり
るるり