Img20090111010011
あけましておめでとう

いつもと同じように
夜が更け
朝が来て
穏やかで静かなまま

私の意識とは無関係に
今年へと移り変わってゆきます


丁寧に、大胆に 生きたいと思います
ゆっくりと息を吐き
確かに息を吸う
世界のすべてが私を傷つけるとしても

平らかな心を持ち
全身全霊を使って

好きなひとに
好きだ

きちんと伝えられるように





Img20090111011933
今日は私の誕生日
28歳になりました

信じられない
28年も生きてこられたなんて

自分を赦してしまったことが
こんなにも大人の自分を受け入れていることが
友人たちから、おめでとうを言ってもらえることが

未だに信じられないのです
嬉しくて、滅茶苦茶に泣きたくなります


久しぶりに、実家へ泊まりました

高校生のときに切り裂いた
カーテンの隙間から光が漏れてきて
それをしばらく眺めていました

往生際の悪さと
少し歪んだ回線はあの頃と変わらないけど

あきれないでいて下さい
どうか





Img20090122011500
こうして私の声は、埋もれてゆく

ずぶずぶ

海なのか川なのか、ただの暗闇なのか
もしくは小さなプールだったりして
まあ、どれだっていい

言いたいことがあるときに限って
言葉は森へと迷い込む

声も言葉も失い、私は


夕方のカフェ
隣に座る男の子が関西弁で喋っている
あれ、まさかと思って横を見た
知り合いかと思った、そんな訳がない

この子の声をもう少し
聞いていたいと思ってしまった

近頃また、動悸が酷い
Img20090122013344
ロシアへ留学していた友人が、帰ってきた

正確には、8月頃に帰ってきたらしい
久しぶりにお店に遊びに来てくれた
1年半ぶり

ロシア人の恋人が出来たのだそうだ

たくさんたくさん大人になって帰ってきたのだなあ

感じた
仕草や言葉は全然変わらなくても


私は
とても嬉しかった
味方が帰ってきてくれたみたいだから

(それが私の勝手な思い込みだとしても)

ぎうぎうに抱きしめてあげたい
今度会うときは我慢しない