Img20080602005218
紫の
アメリカ型の貨車
先日うちの店にやってきた

二段に積み重なっています
(日本はこういうことしないみたい)

アメリカの貨車はこうやって
コンテナを二段に積み
何十両の貨車を引き連れ
延々と走って行くそうです

端から端まで、一体何百メートルあるのだろう
まさか、キロ?
想像もつかないが

そしてやはり
ときどき落とすこともあるらしい
(このコンテナをね)

大きな落しもの
一割だって欲しくない
いや、コンテナいっぱいマンゴーだったら
それは欲しいな

家に帰り
パーカーの肘にセロテープが付いていた
それに気づく

やあ
ようこそ我が家へ
そしてさよなら
Img2a20080602005218

ざあざあ雨
傘なんか持っていない
誰かが持っていればいい

今日も欠伸が止まらない

それは睡眠不足とかそういう理由ではなくて
毎月ある時期の悪夢


目が覚めて
心臓のある一部分をごっそり誰かに盗まれたような
そこだけぽっかり空洞
という
そんなものに覆われて

ああ、どうしよう

そのまま夜になった

まるで
私をずぶずぶ飲み込んでゆく

先に待ち構えるはただの闇


今日は入荷がなかったのでマイコレクション紹介
ATLASというメーカーの貨車
色とロゴの形が愛らしい

中古品で店頭に並んだものを、引き取りました

我が家のテレビの前に飾っています
観葉植物たちとともに

ハローみなさま





Img20080603004007
ARAL
Img20080607001658
Graham Farish !
Img1b20080607001658
名前、不明
うちのお店の
外国型コンテナたち
地下フロアーの隠れた人気者でありんす

左が Graham Farish
イギリスのメーカーです
(現在はBACHMANN という、アメリカにある会社の傘下)
900円くらい

右がアメリカ型のコンテナ
1500円くらい

こっちがイギリス、こっちがアメリ・・・

世界的な企業のコンテナなので
どこ製かはさほど重要でない

日本の貨車、「コキ」とか「タキ」とかには
さっぱり興味が湧かず
外国型はロゴと色がカワユイのです

これ買ったら、このまま壁に貼る予定
パッケージも気に入ってる


近頃
世界とバランスが取れない
チューニングがぶっ飛んだまま

胸の痛みは全力で無視したい





Img20080611003935
Img1b20080611003935
あまり
人目に触れる機会のない機関車
(つまり、棚の奥で売れないままなのだが)


ガラスのショウケースへ飾ってみた

美しく頑丈そうな
真っ赤な箱

MANTUA、と書いてある
これがメーカー名かもしれない、身元は不明
アメリカの機関車ということだけ

8000円くらいだし
本棚に飾る、などと言う奇特な人が現れないか
祈っている

そういえば
先日御紹介申し上げた黄色いトロリー
買い手が見つかった
大切にしてもらえますように


高層ビルの隙間から見える
グレープフルーツみたいな三日月

23時を過ぎてもビルの照明は点々と灯っていた
そのそれぞれのフロアで
残業をしているスーツ姿の人たちがいて
世界を動かしてる
私は、彼らを静かに想像する

そんな彼らと比べて私は
お気楽なアルバイト店員に過ぎない
こんな私が抱える悩みはなんてちっぽけ

(今更比べるなんて、馬鹿げてんな)

いっそ私のアンテナ壊して欲しい
この身体ごと
おねがい

Img2a20080611003935
Img20080612005943


コンビニで買ったアイスを食べながら家路
お行儀は悪いけど
怒られない
大人だから

サンダルの中に小石が入ったらしい
足の裏に痛みが走る
でも、こんな痛みじゃ私には足りないの


以前、商品を取り寄せて送ってあげたお客さんがいて
今日はお店に来てくれた
ヨーロッパの方らしい

「メルクリンのBIG BOY、欲しい」と英語で長々と説明している

BIG BOY、が分からなかったのだが
車軸の配置が4-8-8-4となる蒸気機関車のこと、らしい
難しいし
とりあえず在庫ないし

ていうか
そんなに早口で喋られても聞き取れません
隣のおじさん、ちゃんと訳してよー
じゃなくて英会話教室通おうかなー

とか
考えた日でした


世界について正確に伝えるためには
語彙が必要だ

金田一先生も仰っていたっけ

あまりにも小さすぎる、私の世界
Img2a20080612005943
Img20080612235607

地味ですが
愛らしい貨車入荷


髪を切った

長い髪型が僕は好みなんだとか
男受けが良くなさそうな髪型だねとか
前の方が良かったんじゃない?とか



夕方、雨が止んだ

かぜひきさん、おだいじに





Img2a20080612235607
Img2b20080612235607
Img20080617014210

ときどき蝶が飛んできて
私の肩にふと止まり
優雅でしなやかな羽根を休めていってくれるなら
それだけでいい

思う
それだけで生きてゆけるだろう

ポチもシロも、私はいらない



Img20080620015251
ああ、仕事行きたくない
行くのやーめたっ

友人からメール

明日はズル休み決定だそうです
たまにはいいと思います

写真は
オレンジ色の中央線
もうすぐ街からいなくなる
E233系、という新型車両が導入されたから

中央線なんて嫌い
だったのに
(速いし、揺れるし、知らない街へ連れて行かれそうで)
いつのまにか好きになってしまった

あのオレンジを見かけると
心臓がひりひりする
魔法にかかったみたいに

それはとてもシンプルな理由

THE BOOM の「中央線」という曲があって
矢野顕子がカバーしている
それも大好き

私は
鍵盤の音が一等好きみたい

おやすみなさい、夜
Img1b20080622020639
新しいお店に飾る
大きなレイアウトを製作している
(もちろん私ではなく、ジオラマ部の先生が)

千葉に新しいお店ができるのだ

写真はその一部
神社
(赤い鳥居のほうが可愛い気がする)

レイアウトの端のほうには灯台も建つ
犬吠崎のやつだ
小学校の遠足で行った

思い出なんか残ってない
自分の短い髪が
強い風になびいていた記憶
たったそれだけ


学校、に関する記憶はすべて
頑丈な箱にしまった
それなのに

ときどきこんな風に
どこからともなくやってきて
私を覆いつくす

私は今でも
彼らに復讐しているのだ

思う



Img2a20080622020639
Img2b20080622020639
Img20080624013829
水滴が
歩きながら広げていたページに
落ちた

(私たちの逃亡、という話がちょうど始まるところだった)

雨粒か
それとも私の涙か

思ったら

次第に雨音が大きくなった
アスファルトには雨粒の染み

言葉が上手くでてこない
話そうとすると
言葉が森の中へ迷い込んでしまうみたいに

相手はきっと苛々したことだろう


チキンサラダと春雨サラダを食べた
たっぷりの砂糖と牛乳を入れた紅茶も飲む
いつものカフェオレボウルで

もう駄目だ

思う

今夜は電車の話なんかしない





Img20080626021950

何かに縋るように
本を読んだりDVDを観たりしている
それに夢中になるよう、努めている

アンテナがうまく機能しない
感度が鈍ってる
心が動かない
ある一点に留まったまま


ゆっくり深く
静かに
まばたきをしなさい

睫毛の先から
爪先から
背骨から
頭の天辺から

きっとまた伸びてくる
自分でも手に負えないくらい

今はまだ目を閉じて
うずくまって
Img20080628014935
これは
Preiser (プライザー) というドイツのメーカーの人形

この会社は人形ばかり作っている
(到着したダンボールを開けるといつも、煙草の匂いがする)

ドイツのトイフェア(おもちゃの大フェスティバル)で
使われる人形もプライザー社の製品らしい

色々な大きさがあるので
建築模型
ミニチュア盆栽
お店に飾ってみたり
ミリタリー系にも
と、用途は様々で人気がある

写真は、なぜか入荷したHOサイズの馬車

まるで
アガサ・クリスティの、名探偵ポワロの小説に出てくるようだ
(きっと、髭を生やした上品な紳士が乗るのだ!)

未塗装120人キット(Nサイズ)、もあるが
老眼には辛いんです、

お洒落なスーツを着ている常連さんが言っていた

彼は犬を飼っていたのだが
もうすぐ死にそうだ、と以前話していた
恐らくもう亡くなっただろう


私は
その犬についてときどき考える



*昨日の入荷 memo
鉄道コレクション第七弾
KATO E233系基本セット、増結セット(再生産)
Img2a20080628015641

終電近い中央線
新宿に到着する間際

紺色のスーツを着た眼鏡の男性が
香水をつけていた
手首や、首すじへと

紺色の大きなバックをおもむろに開き
その中のスーパーの袋から
香水瓶は出てきたのだった

どこかへ行くのだろうか、こんな夜中に
(止めやしないけど)


今日は友人に会った
チャイを飲んで
生春巻きを食べた

ねぎが嫌いらしく、細かく箸で取り除いていた
とても器用
そして可愛らしい人だと思う

私は到底追いつけない
その愛らしさに


下の写真は、初期の丸の内線
御前の真っ赤な車体
美しいよ
Img20080701031234